●本を出したいと考えている人へ
「女性」をキーワードに女性に関する情報を提供している出版社パド・ウィメンズ・オフィスが自費出版・企画出版のご相談をお受けします。
                  

家族のように看取る
 
介護施設の看取りの「心」を追う

2016年11月28日発行
四六判 240頁 1900円+税
【ISBN】978-4-86462-130-4

甘利てる代 著


高齢者の最期の場として介護施設が模索する、高齢者自身の気持ちに沿った「看取り」の実践の記録。
全国8カ所の宅老所、小規模多機能型介護施設、グループホーム、さらに特養での取り組みを紹介。

すみちゃんの家(宮城県)
ひなたぼっこ(宮城県)
宅老所サンセル(沖縄県)
ラヴィータウーノ(大阪府)
琴清苑(東京都)
鞆の浦・さくらホーム(広島県)
ぶどうの家(岡山県)
かおり(岡山県)

女性議員が増えれば 社会が変わる
 
赤松政経塾 第1期

2016年7月20日発行
四六判 176頁 1500円+税
【ISBN】978-4-86462-126-7

赤松良子
小宮山洋子 高木美智代 糸数慶子 林久美子 小宮山泰子
古屋範子 福島みずほ  


「女性の政治参画を増やそう」と活動するWINWIN(赤松良子主宰)は、2014年9月に「赤松政経塾」を開講。政治の世界を目指す女性、各界でリーダーとして活躍して行きたい女性を募り、政治、経済の専門家を招いて講座を開いてきた。

この本は、その第1期から、7人の女性政治家の講義の記録である。 実践に裏付けられた確かな言葉には、具体的なヒントいっぱい。 毎回冒頭にある赤松良子塾長のあいさつも秀逸。 ここでしか聞けない裏話も!

小宮山 洋子 やる気があれば変えられる
高木 美智代 「輝け!女性」女性を支える政治の役割
糸数  慶子 「オール沖縄」沖縄が切り拓く新しい道
林  久美子 女性が変える、日本の社会
小宮山 泰子 「小さいけれど肝っ玉」女性議員の育て方
古屋  範子 女性の活躍が日本の未来を拓く
           〜国・地方のネットワークで政策実現〜
福島 みずほ 女性・市民が政治を変える
           〜平和と平等は手を携えてやってくる〜

フランスを目覚めさせた女性たち
2016年3月23日発行
A5判 384頁 3400円+税
【ISBN】978-4-86462-121-2

ジャン=ルイ・ドブレ ヴァレリー・ボシュネク 著
西尾治子 松田祐子 吉川佳英子 佐藤浩子 田戸カンナ 岡部杏子 
津田奈菜絵 訳


今日女性たちが当たり前のように享受しているさまざまな権利は、決して諦めることなく果敢に闘ったフランス女性たちの力によるものだった。
男性優位の社会にあって先駆的に道を切り拓いたヒロイン26人の物語。

第1章 序 ジャンヌ・ダルクとマリアンヌ
第2章 オランプ・ド・グージュ(1748-1793)
      女性および女性市民の権利宣言
第3章 ジョルジュ・サンド(1804-1876)  自由で平等な社会の夢
第4章 エリザ・ルモニエ(1805-1865)  女子職業教育の創始者
第5章 マルグリット・ブシコー(1816-1887)
     マリー=ルイーズ・ジェ(1838-1925)
     パリにできた最初の百貨店:ボン・マルシェからサマリテーヌへ
     「赤い経営者たち」
第6章 ジュリー=ヴィクトワール・ドービエ(1821-1874)
     初めてバカロレアを取得した女性(バシュリエール)
第7章 マリア・ドレーム(1828-1894)  初の女性フリーメーソン
第8章 ルイーズ・ミシェル(1830-1905)  無政府主義者の黒旗
第9章 マドレーヌ・ブレ(1842-1921)女性初の医学博士
      ブランシュ・エドワーズ(1858-1941)
      オーガスタ・クルンプケ(1859-1927)
      初めて病院研修生および研修医になった女性たち
第10章 ユベルティーヌ・オークレール(1848-1914)
      女性参政権論者 税の不払い闘争の活動家
      フェミニズムと階級闘争の分離、単語の女性化 、民法糾弾運動の闘士
      ジャンヌ・ダルクを最初のフェミニストとして再評価
第11章 ジャンヌ・ショーヴァン(1862‐1926)  女性初の弁護士
      マリア・ヴェローヌ(1874-1938)
      マルグリット・ディラン(1876-1956)
      女性で初めて重罪院で弁護した弁護士
      ポール=ルネ・ピニェ(1889-1970)
      フランスで女性初の弁護士会会長
第12章 マルグリット・デュラン(1864-936)
      初めて女性だけの新聞社の創業者になった女性
第13章 カミーユ・クローデル(1864‐1943)  自由を奪われた天才
第14章 マリー・キュリー(1867-1934)
      女性初のノーベル賞受賞者、
      ノーベル物理学賞及びノーベル化学賞
      イレーヌ・ジョリオ=キュリー(1897‐1956)
      ノーベル化学賞受賞者、女性初の閣外大臣
第15章 コレット(1873‐1954)
      女性初のレジオン・ドヌール勲章グラントフィシエ級受勲者
第16章 ルイーズ・ワイス(1893-1983)  ヨーロッパの祖母
第17章 マルト・シマール(1901-1993)  女性初の国会議員
第18章 マルグリット・ユルスナール(1903-1987)
      女性初のアカデミー・フランセーズ会員
第19章 ナフィサ・シド・カラ(1910-2002)
      初のムスリム女性政務次官 
      イスラムのヴェールへの異議申し立て
第20章 シモーヌ・ヴェーユ(1927-)  最初の人工妊娠中絶法
結び/訳者あとがき/索引